リサイクルゴミの捨て方を外国人にもわかりやすくするための工夫

リサイクルごみを外国人観光客にわかってもらう方法

外国人にわかってもらうためのリサイクルごみの表示の工夫

われわれから外国人側に働きがけをしていく

これを防ぐためにはわれわれ日本人側から働き掛けをしていくことがとても大切になり、至急取り組んでいかなくてはいけない課題といえます。
働き掛けといっても観光地の人々が身振り手振りで説明しようとしてもなかなか難しいものがありますので、何らかの方法を使って外国人の人に知ってもらうという事が必要になってくるかと思います。
たとえば一番世界中で認知されている公用語である英語を使ってゴミの分別の案内を出すとかすると、観光客の人たちもわかりやすくなる思うので認知度が高くなりゴミの分別や削減につながるでしょう。
さらにゴミ箱近辺だけではなく通りのいたるところに観光地の場合は英語案内をつけるようにして目に留まるように努力しなくてはいけません。

外国人がわかる言葉で誘導して分別させる

さらには英語と日本語で案内ができるように英語のできる人を常駐させて案内ができるようにするとか、印刷物を配布してゴミの分別に協力してもらえるように啓蒙活動をするなど積極的な活動が必要になるのではと考えます。
あと一番人間に対して即効性があるのは音なので英語でゴミ分別のルールを説明したアナウンスを流しておくなども効果として非常に高いものがあると思います。
とにかく一番重要なのは日本のごみ出しルールを外国人に知ってもらって実行してもらうというのが大事なことなのでそれに向かって努力項目を設けていくことが必要です。
あとSNSなどで情報拡散して日本に行ったらこうしなくてはいけないという事を発信することも重要な項目ではないかと思いますので、これから実行していかなくてはいけないことだと思います。