リサイクルゴミの捨て方を外国人にもわかりやすくするための工夫

リサイクルごみを外国人観光客にわかってもらう方法

問題化しているリサイクルごみの観光による増加

リサイクルごみに関しての認識外国人に薄い

このように日本と違って外国人はリサイクルに対する認識がまだまだ伴っていない為、分別して捨てるものと捨てられないものの区別がついていないという事が大きくあげられると思います。
なぜかというと日本のリサイクル分別に関しては世界的にみても厳しい部類になっており、基準が高く設定されているのでどうしても海外の人とのズレが生じてしまうことに問題があります。
という事はわれわれ日本人側が観光客側に対応していくしかゴミ問題を解決する方法はないのではと思います。
しかし言葉の問題もありなかなか解決しようと思ってもうまく進まないといった現状はあるかと思いますので、よほど効果の期待できる方法がないと厳しいのではと感じます。

ほとんどのリサイクルごみ分別されていない

外国人観光客が捨てていくごみの数々はリサイクルごみも通常ごみもほとんどが一緒に捨てられている状態で、ほぼ観光地のごみ箱はリサイクルも通常ごみも一緒くたの状態です。
この点についてはわれわれ日本人にもマナーのない人はたくさんいるので、あまり大きなことは言えないのですがあとからゴミを回収する業者に大きな負担がかかり、至急解決しなくてはいけない問題といえます。
こういったことは小さい事例がどんどん積み重なり解決しにくくなっていくので、それなりに問題が小さいうちに処理することが重要になってきます。
リサイクルごみを分別しないで処理してしまうと一緒に焼却処理されてしまうことになり公害発生のもとになり、地球環境を傷めてしまうので絶対に避けなくてはいけません。