リサイクルゴミの捨て方を外国人にもわかりやすくするための工夫

リサイクルごみを外国人観光客にわかってもらう方法

リサイクルごみの分別を外国人にわかりやすく説明する工夫

外国人観光客が増え経済効果が上がっている

近年の外国人観光客の増加はものすごい勢いで増えており、一昔前では考えられない観光特需になっています。
やはりアジア圏が多いようですが、近年はヨーロッパ圏の来日数がふえておりアジアをしのぐ勢いです。
理由にはインターネットやSNSの情報で日本の文化が海外の人にも伝わるようになり、興味を持った人が日本に訪れるようになりその勢いが観光客の増加につながっているかと思います。
それによって経済効果が上がっており、良い影響を与えている状況です。
国内消費が低迷している中こういった動きは歓迎するべきもので、迎える側も一層の努力が必要になってくるかと思います。
とくに免税の魅力は高いようで、ほとんどの観光客が免税店を利用し、今まで免税に対応していなかった業者も免税に対応を始めています。

観光で出る分別ごみの問題が問われている

しかし外国人観光客の増加で問題が出てきているのも確かで、いわゆる観光ごみの問題が近年増加してきています。
道路に投げ捨てられるゴミや、分別ごみの区別がつかない為に大幅にゴミが増加してゴミを収集している側が苦労してる状態が指摘されています。
しかしこれはやむおえない面も多々あり、まず海外の人向けの案内表示が徹底されていないことと、ごみの分別の方法が日本が世界的にみると厳しい方なのですが、海外においては基準が国に応じて異なることが大きく影響しています。
また観光客のマナーの面というのも大きな問題で特にアジア圏の人たちはポイ捨てなどに全く抵抗がなく、まさしく文化の違いといいますか、日本との大きな違いを感じます。